ハンジ・ゾエ - 名言・名台詞 [ 進撃の巨人 ]

進撃の巨人(漫画) 第26話「好都合な道を」

エレぇン!!その腕、触っていいぃぃぃ!?ねぇ!?いいよねぇ!?いいんでしょ!?触るだけだから!!

850。ウォール・ローゼの壁外(ウォール・マリア内地)。第57回壁外調査中の過去回想。旧調査兵団本部での食事中にエレン・イェーガーの右腕が巨人化した場面。右腕が巨人化しているエレン・イェーガーに向かってハンジ・ゾエが駆け寄りながら言った台詞。口から唾液を垂らし、興奮しながら言っています。

進撃の巨人(漫画) 第26話「好都合な道を」

あッ...つい!!皮膚無いとクッッソ熱ッいぜ!!これ!!すッッげぇ熱いッ!!

850。ウォール・ローゼの壁外(ウォール・マリア内地)。第57回壁外調査中、過去回想。旧調査兵団本部での食事中にエレン・イェーガーの右腕が巨人化した場面。ハンジ・ゾエがエレン・イェーガーの巨人化した右腕を触った後に言った台詞。全身で感動を表しながら言っています。

進撃の巨人(漫画) 第34話「戦士は踊る」

あぁ...。いつのまにか忘れてたよ...。こんなの...初めて壁の外に出た時以来の感覚だ...。怖いなぁ...。

850。ウォール・シーナ、ストヘス区。壁上。ハンジ・ゾエがウォール教ニック司祭(壁の中の巨人に付いて知っていた)に対して壁の中の巨人に付いての情報を強引に聞き出そうとしたが、何も得られずに終わった後。壁の縁に座るハンジ・ゾエが震えながら言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第52話「クリスタ・レンズ」

では...捜査の方をよろしくお願いします。...そして強盗を捕らえた際はその卑劣な悪党共にこうお伝え下さい。このやり方にはそれなりの正義と大義があったのかもしれない...命令でやったことだから自分が罪を負うことは無い...そういうものだから仕方ないとお考えかもしれませんが。そんなことは私にとってどうでもいいことだ!!悪党共は必ず私の友人が受けた以上の苦痛をその身で生きながら体験することになるでしょう!!あぁ!!可哀想に!!強盗にはそうお伝え下さい!!失礼します!!

850。トロスト区、兵舎。ニック司祭が殺された事でのハンジ・ゾエとジェル・サネス(中央第一憲兵団)との遣り取りの場面。これは強盗殺人であり、調査兵団が出る幕では無い、自分の仕事に戻れと言うジェル・サネスに対し、目の前にいるジェル・サネスこそがニック司祭を拷問し、殺した人物に違いないと考えるハンジ・ゾエがその場を去る前に言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第55話「痛み」

おはよう、サネス。私も辛いんだけど、頑張って拷問するよ。

850。リヴァイ班の隠れ家(廃墟のような関所)。ハンジ・ゾエとリヴァイ兵長とによるジェル・サネスの拷問、二日目。ハンジ・ゾエが、ジェル・サネスを拘束している部屋に入って来た際に言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第56話「役者」

だからあの時、言っただろ?あんたらがかわいそうだって。本ッ...当に惨めだよ...おっさんが泣いて...喚いてみっともない。ざまあみろ!!ば――――――か!!そこでクソするだけの余生に生きがいでも見出してろ!じゃあな!

850。リヴァイ班の隠れ家(廃墟のような関所)。ジェル・サネスとラルフとが入れられている牢屋の前。ハンジ・ゾエ達の罠(ジェル・サネスにラルフが口を割ったと思い込ませて情報を言わせる)だとも知らずにそれに嵌って口を割ったジェル・サネスが、ここでそれが罠であったと知って落胆し、泣いている場面。ハンジ・ゾエがジェル・サネスとラルフとに向かって言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第57話「切り裂きケニー」

何言ってんの?調査兵団は未だ負けたことしかないんだよ?

850。トロスト区、建物の屋根の上。ハンジ・ゾエがフレーゲル・リーブス(中央憲兵が父親(ディモ・リーブス会長)を殺した場にいて一人だけ生き残った)に協力を求めている場面。エレン・イェーガーとヒストリア・レイスとが中央第一憲兵に連れ去られ、ディモ・リーブス会長を含むリーブス商会の人間三人の殺害容疑が調査兵団に向けられ、どうやっても引っ繰り返せそうに無い状況にある中、それでも諦めずに何とかしようとしているハンジ・ゾエが、フレーゲル・リーブス(それに協力するように言われても拒否している)に「もう、あんた達は負けたんだ!!敗者なんだよ!!」と言われた事に返した台詞。

進撃の巨人(漫画) 第60話「信頼」

お邪魔します。私は調査兵団分隊長のハンジ・ゾエ。この新聞でも現在手配中の者です。

850。トロスト区、ベルク新聞社。ハンジ・ゾエがロイ、ピュレの前に、突然、(前からいたその場に状態で)現れた場面。出現時にハンジ・ゾエが言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第60話「信頼」

私は今すぐあんたらの手の形を二度とペンが握れない形に変えてやろうと思ってたところだけど、ブン屋もそれなりに大変そうなので、今日は止めときます。

850。トロスト区、ベルク新聞社。ロイとピュレとの会話(新聞社が捏造記事を書いた事やその事情)をその場で聞いていたハンジ・ゾエが、ここへ来た事の本題を二人に切り出す前に二人に言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第61話「回答」

変えたのは私達じゃないよ。一人一人の選択が、この世界を変えたんだ。

850。森の中。ハンジ・ゾエがリヴァイ班のところに遣って来てフリッツ王政の崩壊を知らせた場面。リヴァイ兵長に「お前ら一体...どんな手を使った?」と尋かれたハンジ・ゾエがそれに答えた台詞。

TOPへ