新田明男 - 名言・名台詞 [ タッチ ]

タッチ(漫画) 「上杉和也を超えてくれ」の巻

上杉和也を超えてくれ。

新田明男の部屋。上杉達也との会話の中で新田明男が上杉達也に向かって言った台詞。

タッチ(漫画) 「上杉達也のライバルは」の巻

ぼくには最初からあいつの速球しか頭にありませんよ。

明青学園、グラウンド。須見工対明青学園(練習試合)、六回表、0対0。明青学園のピッチャーが吉田剛から上杉達也に代わった後の場面。上村監督との会話(ピッチャー交代の影響に就いて)の中で新田明男が言った台詞。

タッチ(漫画) 「おしかったな」の巻

また野球がおもしろくなりそうだ。ありがとうよ。

明青学園、グラウンド。須見工対明青学園(練習試合)、試合終了後。練習試合が引き分け(1対1)に終わった後、引き上げて行く新田明男が上杉達也に向かって言った台詞。

タッチ(漫画) 「ほんとにいったいなんなのよ」の巻

甲子園に忘れものしてきちまったからな......。

新田の家。新田由加との会話の中で新田明男が言った台詞。(春の全国選抜高等学校野球大会の決勝戦で決勝点を献上するエラーを喫して優勝を逃した事を言っているようです。)

タッチ(漫画) 「おまえなんだぜ」の巻

あの程度の球だからさ。

明青学園対須見工(地区予選大会決勝)、四回裏、3対1。上杉達也からホームランを打った大熊(2打席連続のホームラン)が須見工ベンチに戻って来た場面。「どこか悪いんじゃないスか?新田さん。あの程度の球をスタンドまで運べないようじゃ。」と言って来た大熊に対し、新田明男が返した台詞。

タッチ(漫画) 「10割だよ」の巻

ホームランを数えてるうちは四番にはなれないぞ。

明青学園対須見工(地区予選大会決勝)、八回裏、4対3。上杉達也からホームランを打ってホームを踏んだ新田明男が須見工ベンチへと戻って行く場面。途中ですれ違った大熊(次の打者)に「6本目ですか。」と訊かれ、新田明男が返した台詞。

タッチ(漫画) 「達也ァ」の巻

負けるなよ。上杉和也に。

明青学園対須見工(地区予選大会決勝)、十回裏、5対4、試合終了(明青学園の勝利)。新田明男が試合後の整列で上杉達也と握手した際に上杉達也に向かって言った台詞。

タッチ(漫画) 「まいったなァ」の巻

バランスをくずすことだってあるさ。人間だもの。

全国高等学校総合体育大会兼全国高等学校新体操選手権大会の会場。朝倉南が原田正平と新田明男の前から涙を流して走り去って行った場面。朝倉南の不安定な状態を目にして「どう言うことだ?」と訊く原田正平に新田明男が答えた台詞。「人間だもの。」の部分が面白く感じます。

TOPへ