仙水忍(暗黒天使(ダーク・エンジェル)) - 名言・名台詞 [ 幽遊白書 ]

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「霊光裂蹴拳!!の巻」

裂蹴紅球波!!!

路上。浦飯幽助と仙水忍("暗黒天使(ダーク・エンジェル)")との戦い。仙水忍("暗黒天使(ダーク・エンジェル)")が浦飯幽助に向かって霊光裂蹴拳「裂蹴紅球波」を出して言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「勝てない理由 その1~3!!の巻」

裂蹴ゥゥ紫炎弾!!

入魔洞窟、中心。浦飯幽助と仙水忍("暗黒天使(ダークエンジェル)")との戦い。仙水忍(ミノル)が浦飯幽助に「裂蹴紫炎弾」を出しに行って言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「七人いる!!の巻」

くそガキがァァァ。いつまでも調子に乗ってんじゃねェ―――!!このコエダメがァ―――ァ!!

入魔洞窟、中心。浦飯幽助と仙水忍("暗黒天使(ダークエンジェル)")との戦い。仙水忍の人格が「ミノル」から「カズヤ」に替わった場面。「カズヤ」に替わった仙水忍(カズヤ)が浦飯幽助に向かって言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「止められない!!の巻」

馬鹿者めが、それが傲慢だというのだ!!!」、「失礼。オレは花も木も虫も動物も好きなんだよ。嫌いなのは人間だけだ。

入魔洞窟、中心。浦飯幽助と仙水忍("暗黒天使(ダークエンジェル)")との戦い。自分の力が周囲に与える影響が大き過ぎるため(かなり力を抑えていても大地が揺れるほど)、人間界では五分の力すら出せず、それが自分の唯一の弱点であり、ストレスだと言う仙水忍に対し、浦飯幽助が「関係ねーんじゃねーのか?人間界ぶっつぶしたいんだろ。なら、ぶっこわせばいいんじゃねェか。全力で暴れてみろよ」と返した場面。その浦飯幽助の言葉を受けて仙水忍が浦飯幽助に言った台詞。一つ目は怒鳴っての台詞、二つ目は静かな口調での台詞です。傲慢だと言い放つ仙水忍の姿にこそ傲慢さを感じずにはいられないのですが...気のせいでしょうか...。(ここでの浦飯幽助の発言は単に浦飯幽助の持つ「強がりで負けず嫌いな性格」が言わせただけのもののように思います。そこに深い考えなど無く、ただ相手の言い分が気に入らなかったためにそれに反発しただけなのでは無いかと...。少なくとも傲慢さからの発言では無いように感じました。)

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「全てが止まった瞬間!!の巻」

彼は、今、死んだ。さびしくなんかないよ、お前達もすぐだから。

入魔洞窟、中心。浦飯幽助と仙水忍("暗黒天使(ダークエンジェル)")との戦い。浦飯幽助を殺した仙水忍が、裏男の中から脱出して来た桑原和真、蔵馬(南野秀一)、飛影に対して言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「絶望の続き...!!の巻」

気鋼闘衣!!

魔界。桑原和真/蔵馬(妖狐)/飛影と仙水忍("暗黒天使(ダークエンジェル)")との戦い。仙水忍が「気鋼闘衣」を纏い、言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「絶望の続き...!!の巻」

裂破風陣拳!!!!

魔界。桑原和真/蔵馬(妖狐)/飛影と仙水忍("暗黒天使(ダークエンジェル)")との戦い。仙水忍が蔵馬(妖狐)に「裂破風陣拳」を出し、言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「仙水の遺言!!の巻」

魔界へ来てみたかったんだ。本当にそれだけだったんだよ。

魔界。浦飯幽助の極大「霊丸(レイガン)」を受けた仙水忍が大の字になって倒れている場面。コエンマに「なぜ...そうまでして魔界の穴にこだわるんだ」と訊かれ、仙水忍が答えた台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「仙水の遺言!!の巻」

次こそ魔族に生まれますように...。

魔界。浦飯幽助との戦いに敗れた仙水忍が息を引き取る場面。仙水忍が息を引き取る直前に言った台詞。仙水忍の最後の言葉です。

TOPへ