蔵馬(南野秀一) - 名言・名台詞 [ 幽遊白書 ]

幽遊白書(漫画) - 霊界探偵編 - 「母と子の絆!!の巻」

.........この鏡を使って彼女を助けたい、オレの望みはそれだけだ。それさえかなえば、宝を返して、オレは自首する。

仲山総合病院の屋上。蔵馬(南野秀一)が浦飯幽助に母親(南野志保利)を助けるために「暗黒鏡」を使おうとしている事を話した場面。その中での蔵馬(南野秀一)の台詞。既に自首は出来ない状態であり、後は出頭するかしないかだけのように思うのですが...。

幽遊白書(漫画) - 霊界探偵編 - 「人岩一体・玄武!!の巻」

薔薇棘鞭刃(ローズ・ウイップ)!!

迷宮城(四聖獣の根城)、玄武の部屋。蔵馬(南野秀一)と玄武との戦い。蔵馬(南野秀一)が「ローズ・ウイップ」を出して言った台詞。(台詞と言うより武器名です。)

幽遊白書(漫画) - 霊界探偵編 - 「人岩一体・玄武!!の巻」

華厳裂斬肢!!

迷宮城(四聖獣の根城)、玄武の部屋。蔵馬(南野秀一)と玄武との戦い。蔵馬(南野秀一)が玄武に対して「華厳裂斬肢」を出しながら、言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

幽遊白書(漫画) - 暗黒武術会編 - 「最初の敵!!の巻」

風華円舞陣!!

首縊島行きの船の上。予選会終了後。「浦飯チーム」に妖怪達が襲い掛かって来た場面。蔵馬(南野秀一)が襲い掛かって来た妖怪達に「風華円舞陣」を出し、それと共に言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

幽遊白書(漫画) - 暗黒武術会編 - 「血染めの花!!の巻」

キミが外道でよかった。オレも遠慮なく残酷になれる。」、「死ね。

首縊島、第一闘技場。暗黒武術会、一回戦、「浦飯チーム」対「六遊怪チーム」。蔵馬(南野秀一)と呂屠との試合(次鋒戦)。蔵馬(南野秀一)が呂屠の身体に植え込んだシマネキ草を爆発的に成長させ、それによって呂屠を殺す場面。蔵馬(南野秀一)が「シマネキ草を爆発的に生長させる言葉」を発する(シマネキ草で呂屠を殺す)前に呂屠(蔵馬(南野秀一)の母親(南野志保利)を人質にして戦う外道)に向かって言った台詞と、そこからその言葉を言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 暗黒武術会編 - 「血染めの花!!の巻」

皮肉だね。悪党の血の方がきれいな花がさく...。

首縊島、第一闘技場。暗黒武術会、一回戦、「浦飯チーム」対「六遊怪チーム」。蔵馬(南野秀一)と呂屠との試合(次鋒戦)。呂屠が身体をシマネキ草に突き破られて死んだ場面。呂屠の死体に咲いたシマネキ草の花に就いて蔵馬(南野秀一)が言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 暗黒武術会編 - 「卑劣!操血瘤!!の巻」

キミはどうする?服従か?死か?

森の中。暗黒武術会の第一会場で「浦飯チーム」対「Dr.イチガキチーム」の試合(二回戦)が行われている中、その会場へと向かわなければならない蔵馬(南野秀一)と飛影が「Dr.イチガキチーム」のメンバーによって足止めを受けている場面。妖鋼獣ガタスバルを支配下に置いた蔵馬(南野秀一)が「Dr.イチガキチーム」のメンバー(足止め役の2人の内の生き残っている黒髪の方)に向かって言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 暗黒武術会編 - 「玉手箱が開く時!!の巻」

さあ、おしおきの時間だ。オレを怒らせた罪は重い!!

首縊島、第二闘技場。暗黒武術会、準決勝第一試合、「浦飯チーム」対「裏御伽チーム」。蔵馬(南野秀一)と裏浦島との試合。裏浦島の裏御伽闇アイテム「逆玉手箱」の煙によって蔵馬(南野秀一)の姿が妖狐へと戻った場面。元の姿に戻った蔵馬(妖狐)が裏浦島に向かって言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「「禁句(タブー)」は一文字!!の巻」

もちろん。企業秘密です。

ろくろ首町、四次元屋敷。海藤優の部屋。蔵馬(南野秀一)が海藤優とのゲームに勝ち、飛影、桑原和真、ぼたんの魂がそれぞれの身体へと戻った後。笑ったままの状態で魂が抜けている海藤優の姿を見て「蔵馬...お前が一体どんなへんな顔で笑わせたんだよ」と訊いて来た桑原和真に対し、蔵馬(南野秀一が)が返した台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「正体は誰だ!?の巻」

もういい、ケリをつけてやるよ。ゲスめ。

入魔洞窟、中心。蔵馬(南野秀一)と巻原定男(能力名・"美食家(グルメ)")との戦い。戸愚呂・兄(巻原定男("美食家(グルメ)")の身体を乗っ取っている)が巻原定男("美食家(グルメ)")の身体を乗っ取るまでの過程を話し出した場面。その戸愚呂・兄に向かって蔵馬(南野秀一)が言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「正体は誰だ!?の巻」

お前は「死」にすら値しない。

入魔洞窟、中心。蔵馬(南野秀一)と戸愚呂・兄(巻原定男(能力名・"美食家(グルメ)")を乗っ取っている)との戦い。蔵馬(南野秀一)に邪念樹(寄生相手が死ぬまで幻覚を見せ続ける)を寄生させられた戸愚呂・兄がその邪念樹よって「蔵馬(南野秀一)の幻影」を見せ続けられている中、自らの再生能力のために死ぬ事も出来ず、「蔵馬(南野秀一)の幻影」と永遠に戦い続けなければならない戸愚呂・兄に対し、蔵馬(南野秀一)が言った台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「絶望の続き...!!の巻」

樹霊妖斬拳!!

魔界。桑原和真/蔵馬(妖狐)/飛影と仙水忍("暗黒天使(ダークエンジェル)")との戦い。蔵馬(妖狐)が仙水忍に「樹霊妖斬拳」を出しに行きながら、言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

TOPへ