闇撫の樹(門番(ゲートキーパー)) - 名言・名台詞 [ 幽遊白書 ]

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「魅きつける理由(わけ)!!の巻」

明日、「ヒットスタジオ」に戸川純がでる。

入魔洞窟、中心。裏男内の亜空間。闇撫の樹("門番(ゲートキーパー)")が仙水忍との間にあった過去の出来事を桑原和真、蔵馬(南野秀一)、飛影の前で話している場面。その回想内。仙水忍が樹(仙水忍との戦いに敗れ、仙水忍の足元に倒れている)に「死ぬ前に言い残すことはあるか?」と訊き、樹が「.........。できればもう一日生きたい」と答えた、その後。「もう一日生きたい」と言うその理由を訊いて来た仙水忍に対して樹が答えた台詞。

幽遊白書(漫画) - 魔界の扉編 - 「仙水の遺言!!の巻」

「死んでも霊界には行きたくない」、忍の遺言だ。お前らの物差しで忍を裁かせはしない。忍の魂は渡さない。これからは二人で静かに時を過ごす。オレ達はもう飽きたんだ。お前らは、また、別の敵を見つけ戦い続けるがいい。

魔界。闇撫の樹("門番(ゲートキーパー)")が仙水忍の遺体を連れて亜空間へと入って行く場面。樹がその場にいた者達に対して亜空間へと姿を消す前に言った台詞。

TOPへ