クリュサオルのクリシュナ(海将軍) - 名言・名台詞 [ 聖闘士星矢 ]

聖闘士星矢(漫画) : 海皇ポセイドン編 - インド洋の柱 ドラゴン紫龍 対 クリュサオルのクリシュナ

聞くまでもあるまい...。」、「名前など聞いたとしても無意味なことだ。数秒後にはこの黄金の槍(ゴールデンランス)によっておまえの命は断たれているのだからな。

海皇ポセイドン編。海底神殿。インド洋の柱でのドラゴン紫龍とクリュサオルのクリシュナとの戦い。柱の前で構えていたクリュサオルのクリシュナにドラゴン紫龍が名乗ろうとした場面。ドラゴン紫龍の名乗りを遮ってクリュサオルのクリシュナが言った台詞。

聖闘士星矢(漫画) : 海皇ポセイドン編 - インド洋の柱 ドラゴン紫龍 対 クリュサオルのクリシュナ

しかし、この闘志は無名のまま死せる戦士ではない...。せめて名前だけでも聞いておくべきだったかもしれんな...。

海皇ポセイドン編。海底神殿。インド洋の柱でのドラゴン紫龍とクリュサオルのクリシュナとの戦い。ドラゴン紫龍がクリュサオルのクリシュナの黄金の槍(ゴールデンランス)を折りに行って失敗し、倒れた場面。ドラゴン紫龍の戦い振りに対してクリュサオルのクリシュナが(心の中で)言った台詞。この直ぐ前の場面、ドラゴン紫龍が黄金の槍(ゴールデンランス)を折りに行った場面を見ると、ドラゴン紫龍はクリュサオルのクリシュナの目の前で「この紫龍の命とひきかえに、せめてこの槍を叩き折らせてもらうぞ――ッ」と大きな声ではっきりっと自分の名前を言っているのですが...クリュサオルのクリシュナにはそれを聞き逃していたようです...。(この後、クリュサオルのクリシュナはドラゴン紫龍が立ち上がった際に「名は...なんといったかな?」とドラゴン紫龍に訊いています。)

聖闘士星矢(漫画) : 海皇ポセイドン編 - インド洋の柱 ドラゴン紫龍 対 クリュサオルのクリシュナ

くらえ、フラッシングランサ――ッ!!

海皇ポセイドン編。海底神殿。インド洋の柱でのドラゴン紫龍とクリュサオルのクリシュナとの戦い。スクリュサオルのクリシュナがドラゴン紫龍に対して「フラッシングランサー」を出す際に言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

聖闘士星矢(漫画) : 海皇ポセイドン編 - インド洋の柱 ドラゴン紫龍 対 クリュサオルのクリシュナ

マハローシニー!!

海皇ポセイドン編。海底神殿。インド洋の柱でのドラゴン紫龍とクリュサオルのクリシュナとの戦い。スクリュサオルのクリシュナがドラゴン紫龍に対して「マハローシニー」を出す際に言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

TOPへ