巻町操 - 名言・名台詞 [ るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- ]

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第六十三幕 「巻町 操」

くらえ!「貫殺飛苦無」!!

緋村剣心が(志々雄真実の討伐のために)京都へと向かっている道中(小田原を過ぎた森の中)。盗賊相手に追い剥ぎを働いた巻町操から緋村剣心がお金(巻町操が盗賊から奪ったもの)を取り上げた場面。お金を自分に返すように求める巻町操が緋村剣心に向かって「貫殺飛苦無」を出しに行きながら言った台詞。(台詞と言うより技名です。)技名は他の場面でも出て来ます。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第六十九幕 「闘いの駆け引き」

この巻町操、悪党に名乗る名など持ちあわせてない!

新月村。志々雄真実の館を(三島栄次と一緒に)目指す巻町操が見張りの者達の前に姿を見せた場面。見張りの1人に「何だ、てめえは!!」と訊かれ、巻町操が返した台詞。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第七十一幕 「再び京都へ」

怒りの怪鳥蹴り!

新月村。緋村剣心と巻町操が新月村(尖角を倒し、志々雄真実を追い出した事により元通りになった)を後に京都を目指して出発しようとする場面。緋村剣心にからかわれた巻町操が緋村剣心に「怪鳥蹴り」を出して言った台詞。(台詞と言うより技名です。)他の場面でも出て来ます。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第二百三十六幕 「上陸」

貫殺飛苦無"川蝉の嘴"!!

雪代縁のアジトの島へと向かう途中の海上。島までの海域に仕掛けられている機雷のために緋村剣心の一行が大型船から小船に乗り換えて上陸を目指す事になった場面。巻町操が小船の行く手にある機雷を取り除こうと、それに目掛けて御庭番式苦無術「貫殺飛苦無"川蝉の嘴"」を出した際に言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

TOPへ