羅将カイオウ - 名言・名台詞 [ 北斗の拳 ]

北斗の拳(漫画) 「伝説の血脈!!の巻」

暗琉霏破!!

修羅の国、羅将カイオウの居城。ケンシロウと羅将カイオウとの戦い。羅将カイオウがケンシロウに「暗琉霏破」を出して言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

北斗の拳(漫画) 「ヒョウ狂乱!!の巻」

妹だからこそ兄のために死ぬのは当然!!許しは請わぬ、感謝もせぬ!!この世に生きるものすべて、このカイオウのためにあるのだ!!

修羅の国、羅将カイオウの居城。羅将カイオウがサヤカ(羅将カイオウの実の妹であり、羅将ヒョウの婚約者)を殺す場面。何故、妹である私を殺すのかと訊くサヤカに対し、羅将カイオウが答えた台詞。

北斗の拳(漫画) 「悪の妄獣!!の巻」

知れたこと!最後に生き残るのは!!悪!!

修羅の国、羅将カイオウの居城。羅将カイオウがリンの前で兜を取り、素顔(ラオウとそっくりの顔)を晒した後。羅将カイオウとリンとの会話場面。リンに何が最後の勝者になると思っているのかを訊かれ、羅将カイオウが答えた台詞。

北斗の拳(漫画) 「悪の妄獣!!の巻」

情に縛られ、愛に死す、それが何になる。すべてはおのれを制し、律するもの!!だが、悪には一切の制限はない!!悪こそこの世を制覇するのだ!!

修羅の国、羅将カイオウの居城。羅将カイオウがリンの前で兜を取り、素顔(ラオウとそっくりの顔)を晒した後。羅将カイオウとリンとの会話場面。リンに情や愛に死す愚かさと悪の素晴らしさとを語る羅将カイオウの台詞。

北斗の拳(漫画) 「リン無情!!の巻」

許さぬ!!その愚かな腐った心、根底から叩き滅ぼしてやるわ!!

修羅の国、羅将カイオウの居城。ケンシロウと羅将ヒョウとの戦いが両者無事に終わり、羅将ヒョウの記憶も蘇ったと言う報告が羅将カイオウに入った場面。自分の計画(ケンシロウと羅将ヒョウの共倒れ)を阻んだのがシャチである事を知った羅将カイオウが、そのシャチに就いて言った台詞。

北斗の拳(漫画) 「リン無情!!の巻」

ぼつぼつ死ぬか!!

修羅の国、泰聖殿。羅将カイオウがシャチを一方的に痛め付けている場面。羅将カイオウがシャチに止めを刺しに行こうとし、言った台詞。

北斗の拳(漫画) 「眠れる愛!の巻」

北斗琉拳、死環白!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある地。羅将カイオウの前にケンシロウがやって来た場面。羅将カイオウがリンに北斗琉拳「死環白」を出して言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

北斗の拳(漫画) 「哀しき聖塔!の巻」

今のきさまは案山子にみえるわ!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある地。羅将カイオウの馬が、死環白を突かれたリンを乗せて走り去った場面。羅将カイオウが、走り去る馬からリンを取り戻そうとするケンシロウを攻撃し、それを阻んだ後に言った台詞。目の前の事態に狼狽え、隙だらけとなっていたケンシロウに対しての台詞です。

北斗の拳(漫画) 「栄光のうちに死せ!の巻」

これが北斗宗家に虐げられた男の反逆の拳、北斗逆死葬だあ~~~~!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある地の地下。ケンシロウと羅将カイオウとの戦い。羅将カイオウが「北斗逆死葬」を明かして言った台詞。(技名の部分での採用です。)

北斗の拳(漫画) 「戦場の凄拳!の巻」

暗琉天破!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある場所。ケンシロウと羅将カイオウとの戦い。羅将カイオウがケンシロウに「暗琉天破」を出して言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

北斗の拳(漫画) 「戦場の凄拳!の巻」

おおお~~~~凄妙弾烈!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある場所。ケンシロウと羅将カイオウとの戦い。羅将カイオウがケンシロウに「凄妙弾烈」を出す前に言った台詞。(台詞と言うより技名です。)

北斗の拳(漫画) 「執念の業火果つ!の巻」

たとえ天地逆となってもおのれの道は変えぬ!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある場所。ケンシロウと羅将カイオウとの戦い。羅将カイオウが、自身の敗北が見えている中、それでも退かずにケンシロウへと最後の攻撃を仕掛けた場面。羅将カイオウが最後の攻撃に出て言った台詞。

北斗の拳(漫画) 「さらば愛しき者たちよ!の巻」

ヒョウよ!また昔のあの幼き頃に戻ってともに遊ぼうぞ!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある場所。ケンシロウと羅将カイオウとの戦いがケンシロウの勝利に終わった後。羅将カイオウの胸の中で羅将ヒョウの命が尽きる場面。羅将カイオウが息を引き取る寸前の羅将ヒョウを抱きしめて言った台詞。涙を流しながらの台詞です。

北斗の拳(漫画) 「さらば愛しき者たちよ!の巻」

さらばだ、ケンシロウ!!

修羅の国、カイオウの母の墓標がある場所。ケンシロウと羅将カイオウとの戦いがケンシロウの勝利に終わった後。羅将カイオウが、自らの命を絶つために溶岩が流れ出す仕掛けを動かし、羅将ヒョウの亡骸と共に溶岩に飲み込まれて行く場面。溶岩に飲み込まれる前に羅将カイオウが言った台詞。

TOPへ