ミカサ・アッカーマン - 名言・名台詞 [ 進撃の巨人 ]

進撃の巨人(漫画) 第3話「解散式の夜」

あなたが憲兵団に行くのなら私も憲兵団に行こう。あなたが駐屯兵団に行くのなら私もそうしよう。エレンは私と一緒にいないと早死にする。

850。ウォール・ローゼ、トロスト区、訓練兵訓練所。第104期「訓練兵団」解散式が行われた日の夜。エレン・イェーガーとの会話。エレン・イェーガーから憲兵団に行くように言われたミカサ・アッカーマン(調査兵団(エレン・イェーガーの行くところと同じところ)に行くつもりでいる)がそれに返した台詞。

進撃の巨人(漫画) 第4話「初陣」

でも...頼みがある...1つだけ...どうか...死なないで...。

850。ウォール・ローゼ、トロスト区。「超大型の巨人」により外壁が破壊された後。後衛部隊に回る事を拒むミカサ・アッカーマンをエレンイェーガーが説得した場面。エレン・イェーガーに説得され後衛部隊に回る事を受け入れた(中衛部隊に回るエレン・イェーガーと離れる事になった)ミカサ・アッカーマンがエレン・イェーガーとの別れ際に言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第5話「絶望の中で鈍く光る」

」、「死体が喋るの?

850。ウォール・ローゼ、トロスト区。巨人達が街で暴れ回る中、自分の避難を優先して住民達の避難を妨げている「商会のボス(会長)」をミカサ・アッカーマンが排除しようとした場面。自分を殺せばどうなるか分かっているのかと脅す「商会のボス(会長)」に対し、ミカサ・アッカーマンが返した台詞。

進撃の巨人(漫画) 第6話「少女が見た世界」

そうだ......この世界は...残酷なんだ。

844。過去回想。山小屋。ミカサ・アッカーマンの両親を殺害し、ミカサ・アッカーマンを連れ去った3人組の内の1人にエレン・イェーガー(ミカサ・アッカーマンを助けにやって来た)が殺されそうになっている場面。ナイフを構え震えるミカサ・アッカーマンが目の前の光景(エレン・イェーガーが殺されそうになっている状況)に過去の記憶を思い出し、その思い出した記憶と共に心の中で言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第7話「小さな刃」

落ち着いて。今は感傷的になっている場合じゃない。

850。ウォール・ローゼ、トロスト区。屋根の上。アルミン・アルレルトがエレン・イェーガーの死をミカサ・アッカーマンに伝えた場面。自分の身代わりとなってエレン・イェーガーが死んだ事をミカサ・アッカーマンに泣いて詫びるアルミン・アルレルトに対してミカサ・アッカーマンが言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第7話「小さな刃」

この世界は残酷だ...そして...とても美しい。」...「いい人生だった...。

850。ウォール・ローゼ、トロスト区。路上。立体機動装置のガスが切れで落下したミカサ・アッカーマンの下に巨人が近づく中、既に生きる事を諦めたミカサ・アッカーマンが心の中で言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第8話「咆哮」

アルミン!ここに置いていったりはしない。

850。ウォール・ローゼ、トロスト区。屋根の上。アルミン・アルレルトがガス切れのミカサ・アッカーマンに自分のガスを渡した後。その場に残ろうとするアルミン・アルレルトに向かってミカサ・アッカーマンが言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第10話「左腕の行方」

私の特技は肉を...削ぎ落とすことです。必要に迫られればいつでも披露します。私の特技を体験したい方がいれば...どうぞ一番先に近付いて来てください。

850。ウォール・ローゼ、トロスト区。壁際。エレン・イェーガー(巨人の中から出現したその後)が敵性者として駐屯兵団及び訓練兵団に取り囲まれている場面。エレン・イェーガーを守ろうとするミカサ・アッカーマンがエレン・イェーガーを取り囲んでいる者達に向かって剣(超硬質ブレード)を構えて言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第32話「慈悲」

仕方無いでしょ?世界は残酷なんだから。

850。ウォール・シーナ、ストヘス区。地下通路。アニ・レオンハートが「女型の巨人」だと分かった上で戦おうとするミカサ・アッカーマンとアルミン・アルレルトに対し、エレン・イェーガーが「な...何でお前らは...戦えるんだよ。」と訊いた場面。エレン・イェーガーの言葉にミカサ・アッカーマンが返した台詞。

進撃の巨人(漫画) 第33話「壁」

アニ、落ちて。

850。ウォール・シーナ、ストヘス区。ミカサ・アッカーマンが外壁を登る「女型の巨人(アニ・レオンハート)」の指(親指を残した8本の指)を切り落とし、「女型の巨人」の額に乗った場面。指を失い地面へと落下するしか無くなった「女型の巨人(アニ・レオンハート)」に向かってミカサ・アッカーマンが言った台詞。

TOPへ