ジャン・キルシュタイン - 名言・名台詞 [ 進撃の巨人 ]

進撃の巨人(漫画) 第15話「個々」

人との...信頼だ...。

847。ウォール・ローゼ、トロスト区。訓練兵訓練所、食堂の外。エレン・イェーガーと仲良く話すミカサ・アッカーマンの姿を見たジャン・キルシュタインが直ぐ横を通りがかったコニー・スプリンガーの背中で右手(少し前の食堂でのエレン・イェーガーとの諍い時、手打ちの際にエレン・イェーガーの手と接触させた)を拭った場面。コニー・スプリンガーに「何拭ったんだ、お前...。」と訊かれたジャン・キルシュタインがそれに返した台詞。

進撃の巨人(漫画) 第18話「今、何をすべきか」

おい...お前ら...。所属兵科は何にするか決めたか?オレは決めたぞ。オレは...。......。オレは...調査兵団になる。

850。ウォール・ローゼ、トロスト区。ウォール・ローゼ奪還作戦の成功から2日後。巨人によって殺された兵士達の遺体を火葬している中、ジャン・キルシュタインが同期の訓練兵達に向かって言った台詞。

進撃の巨人(漫画) 第23話「女型の巨人」

......オレはただ、誰の物とも知れねぇ骨の燃えカスに...がっかりされたくないだけだ...。

850。ウォール・ローゼの壁外(ウォール・マリア内地)。第57回壁外調査。調査隊の撤退までの時間を稼ぐために「女型の巨人」を引き付ける気でいるジャン・キルシュタインに対し、ライナー・ブラウンが「お前...本当にジャンなのか?俺の知るジャンは自分のことしか考えてない男のハズだ。」と話し掛けた場面。そのライナー・ブラウンの言葉にジャン・キルシュタインが返した台詞。

TOPへ